トップページに戻る [ HOME ]
小大丸について 商品カタログ 展示会ご案内 きものクリニック 交通アクセス

きものきまりごと


季節に合わせたきものと帯

時と場合に合わせたきもの選び

結婚式・披露宴

お祝いの席ですので華やかに、洋装よりも和装の方が場が華やぎます。
お母様は黒留袖、姉妹は未婚者は振袖、既婚者は黒留袖、ご親族は未婚者は振袖、既婚者は黒留袖か色留袖でも可です。色無地紋付は訪問着附下より格は上ですが、お祝いの席ですので前述のような華やかなおきものがより良いでしょう。
仲人様は黒留袖、ご友人は未婚者は振袖、既婚者は色留袖もしくは訪問着・附下です。訪問着・附下は格のある柄のものをお選びください。

パーティー

様々な形式のパーティーがありますが、基本的に主催者は色留袖もしくは訪問着が良いでしょう。招かれる側はホテルなら訪問着・附下、レストランなどでは訪問着・附下もしくは紬・小紋でも可。いずれにせよ華やかに装いましょう。

お茶事

基本的に訪問着・附下であっても紬地のおきものはお召しになれません。

【お茶会】


亭主・主客は色留袖もしくは訪問着・附下。招客は訪問着・附下か紋付色無地、もしくは小紋となります。わび、さび、質素の利休の精神を重んじ、あまり派手になりすぎず、おさえた雰囲気で。未婚者は振袖も良いです。会によっては亭主がこのようなおきものでと指定される場合もあります。

【お稽古】


小紋もしくは御召が良いでしょう。

お見合い・結納

ご本人は振袖。お母様はあまり派手でない附下が良いです。最近では訪問着も、相手の気が張らない程度のもの。ご本人を目立たせる演出をしつつ、母親の品も落とさないように心がけましよう。仲人はお母様に準じます。

観劇・コンサート

能のような格式のある場所は訪問着もしくは色無地紋付で。歌舞伎やコンサートなどは大島紬や結城紬などの紬、もしくは小紋が最適です。歌舞伎、オペラなどの初日は出演者に敬意を表するため格のある訪問着がよいでしょう。

ちょっとしたお出かけ

大島紬や結城紬などの紬、もしく小紋などのおしゃれ着が最適です。

お宮参り・七五三・十三参り

黒留袖もしくは訪問着・附下で。最近は訪問着、附下をお召しになる方が多いようです。

宮中行事

宮中では黒が喪色と定められている為、五つ紋色留袖が第一礼装です。叙勲や園遊会などの宮中行事には五つ紋色留袖で。ただし、紫は皇室の御色ですので紫地のものは避ける事、菊の御紋章に近い柄のものも避けましょう。

【お通夜・告別式】


喪主、親族は黒喪服に黒帯で。若い未婚者は色無地紋付に黒帯でも可です。ご友人は交際の程度により、黒喪服もしくは色無地紋付に黒帯となります。

【一周忌までの法要】


喪主は黒喪服に黒帯。親族は黒喪服もしくは色無地紋付に黒帯です。ご友人は色無地紋付に黒帯もしくはグレー、銀帯で。

【一周忌を終えてからの法要】


喪主、親族、ご友人共に色無地紋付に黒帯もしくはグレー、銀帯で。正式(黒喪服に黒帯)は大げさになります。

【三回忌からの法要】


喪主、親族、ご友人共に色無地紋付にグレーもしくは銀帯で。悲しみというより故人の遺徳に感謝する気持ちで。
※ここで言う色無地紋付とは寒色系(グレーや青、藤色地など)のものに限ります。

コートについて

留袖、訪問着、附下のような礼装一般について言えることですが、道中は車といえども必ずコートをお召しになることをお勧めします。これは洋装でもイブニングドレスのままでパーティー会場を出る人、街を歩いている人がいないのと同様です。
以上、ご紹介いたしましたのは、あくまでも小大丸が考える一般的なものです。
細かいシチュエーションや地方によっては変則もあり得ます。
「こんな時はどうするの?」と思われた時は、お気軽に当社までお問い合わせください。
きものきまりごと きものコラム 雑誌掲載 ブログ「忠三郎日記」 お問い合わせ
Copyright (C) 2005 KODAIMARU Inc. All Rights Reserved.